矯正歯科を受診して歯並びを美しく改善しよう

歯の機能性を意識

なぜ矯正歯科は保険が適用されないのか

矯正歯科を受けたくても、費用面であきらめてしまう人が少なくありません。 虫歯の治療は保険が適用されるので、3割の負担で済みますが、 矯正は保険が適用されないので全額自己負担になり、治療費が高額になってしまいます。 日本では病気でないと健康保険は適用されません。 歯並びが悪いことで、虫歯になりやすいというリスクはありますが、 歯並びが悪いのは病気ではないので、適用されないのです。 ただ、顎の変形や口蓋裂などの先天的な疾患のある場合に限り、 矯正歯科では保険が適用されます。 一般的な歯並びの改善や、審美目的の場合には適用されないので注意が必要です。 矯正歯科の場合、金額は歯科医院によって、同じ治療を行っても異なります。

大人になってからでもできる矯正歯科

矯正歯科を受診するのに、年齢の制限はありません。 子供が受けるイメージがある人もいますが、大人まで幅広い年齢の人が行える治療です。 20代、30代の人は審美的に歯並びが美しくなると、若くきれいな印象を与えることができ、 50代、60代になって経済的な余裕が出てきてから治療を始める人もいます。 矯正歯科では、それぞれの年齢に合わせて治療計画を立てるので、 遅すぎたということはありません。 子供のように成長途中ではなく、発育が完了しているので計画が立てやすく、 本人の意思を尊重して治療をするので、進みも早いと言うメリットもあります。 矯正は歯並びを良くするだけでなく、噛み合わせも良くし、 食べる機能の向上や、発音にもいい影響を与えます。